2013年11月14日

ドア・イン・ザ・フェイス






c1538b3da7af4176f60f8d99ccfd17fc.jpg

「ドア・イン・ザ・フェイス」とは、
初めに誰でも拒否されるような負担の大きい要請をして相手に一度断らせた後、今度は負担の小さい要請をすることで、その要請が受け入れられやすくなる、というものです。

人間は頼みごとを一度断ると、その罪悪感から次の頼みごとは聞いてあげようかな、と思います。
これはその心理を利用したテクニックです。


例えば、気になる相手と一緒に食事に行きたいとき

いきなり「今度一緒に食事に行かない?」と誘うのではなく、

「今週末、一緒に食事に行かない?」と少しハードルを上げます。
今週末だと何か予定をいれていれば相手にとっては負担は大きいですね。

相手「ごめん、今週末はもう予定入ってて…」
と相手が一度断ったら

「じゃあ今度一緒に行こうよ!」とハードルを下げて頼んでみましょう。
来週など相手がまだ予定を入れてない日時だと相手には負担は小さいですね。
かつ相手には一度頼まれごとを断った罪悪感があり、断りにくいです。

あなたも是非実行してみては?




posted by YOUMO at 16:16| Comment(0) | 恋愛心理学 | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

ゲインロス効果






o030002251310221.jpg

ゲインロス効果とは、

ゲイン(得る/プラス)とロス(失う/マイナス)の差が大きいほど強烈に印象に残る
というもの。
要はギャップを見せることで相手に強烈な印象を残す、ということです。

具体例を挙げると、漫画・アニメで「ツンデレ」って聞きますよね?
あれも一種のゲインロスです。

相手に自分のことを覚えていてもらいたい…と思うなら、試してみる価値があります。

例えば、普段可愛い服装でいるあなたが、大人な感じのシックな服装を選んでみたり、
普段真面目なあなたがセクシーな服を着てみたり…
普段と正反対、とまではいいません。 
いつもと違うあなたをアピールするんです。

「あっ、この人ってこんな一面もあるんだ…」と思ってもらうことで、相手の気を引くことができたり、恋心を盛り上げたりできます。

気軽に試せる方法なので、あなたも実践してみては?




posted by YOUMO at 22:54| Comment(0) | 恋愛心理学 | 更新情報をチェックする

ボッサードの法則






_______1.jpg

相手は自分のことをどう思っているのだろうか…?
それを確かめるのに使えるのが、この法則です。

その方法は…物理的に距離を縮めてみること。

人の周囲で半径50cm以内「パーソナルスペース」と言われています。

この範囲に踏み込んでみて、相手に拒否されないようなら、相手はあなたに対して好意・親しみをもっていると考えてよいようです。

あなたも試してみては?

※相手がシャイな人の場合、反射的に逃げてしまう場合もあります。相手の性格も考慮の上、お試しを。




posted by YOUMO at 18:59| Comment(0) | 恋愛心理学 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。