2013年11月12日

コンプレックスを利用する






o0800060012608276912.jpg

あなたはコンプレックスを持っていますか? 
人によって様々のコンプレックスがあると思います。
ちなみに無い方っていらっしゃるんでしょうか…?

そんな誰もがもつコンプレックス。
これをうまく利用して異性にモテている人っているんです。

どんな人かって言うと…

自分のコンプレックスを潔くカミングアウトしてしまう人。

…いや、誰彼かまわずカミングアウトして回れ、とは言ってないのでご安心を(笑)

また本当のコンプレックスである必要もありません。そこまでコンプレックスに感じてないことでもいいです。

どういう時にカミングアウトすればいいかというと…

異性がコンプレックスについて悩んでいる時です。

そんなときに「自分だって○○で悩んでいるんだ」って言ってあげるんです。

 相手からは「そんな事ないよ」とか言うかもしれません。
そうしたら「いや、ずっと前から悩んでたんだよ」って言ってあげましょう。

他人からすれば気にする必要がないことでも、自分は気にしちゃうものなんだなーってこと。
その気持ちがわかるよってこと。
 それを伝えてあげるんです。

そして自分からすれば、あなたのコンプレックスなんて気にならないよって言ってあげるんです。

相手は癒された気分になるでしょう。
そんな風に言える人がモテないだなんてことありえません。

このテクニックは「ポジティブに生きてる人に他人は惹かれる」っていう心理効果を利用しています。

参考になれば幸いです。




posted by YOUMO at 18:15| Comment(0) | 異性にモテるコツ | 更新情報をチェックする

聞き上手はモテる!






131832914002_1.jpg

「聞き上手」な人というのは、男性でも女性でもモテると言われます。
あなたの周りにそんな「聞き上手」な方はいらっしゃいますか?

聞き上手な人と話していると、ついつい色んなことを話してしまいます。
異性とそんな間柄になれるのは信頼関係があってこそです。信頼関係がなければ恋愛感情は育つことがありません。

信頼関係が成立していると、相手は悩み事まで話してくれることがあります。
そんな時に「俺がいるだろ」「私がいるでしょ」とさりげなく言ってみるのです。
信頼している異性の言葉だからこそ、相手は「ドキッ」っとしてしまいます。

※ただしこういう言葉はタイミング良く言うのが重要です。また、相手が自分を異性として意識してくれるような言葉は他にもたくさんあります。

異性として意識してくれていると、相手はあなたの話について聞いてくるようになります。
ここでお互いに話を発展させることが大事で、ただ相手の話を聞いてばかりでは関係は発展しません。

聞き上手になる=ずっと相手の話を聞いていればいい(自分からは何もしなくていい)
というのは間違いです。


「相槌をうつ」といった簡単なことでもいいのです。会話が発展するように話を促してあげたりするのが大事なのです。

実際に聞き上手でモテる人は、こうしたテクニックを自然と、あるいは努力して身につけているのです。

あなたも「聞き上手」を目指してみてはいかがでしょうか?




posted by YOUMO at 17:42| Comment(0) | 異性にモテるコツ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。