2013年11月15日

フット・イン・ザ・ドア






20130117135848-30.jpg

今回は「フット・イン・ザ・ドア」というテクニックについての紹介です。
前回の「ドア・イン・ザ・フェイス」と似たネーミングですね^^ 


フット・イン・ザ・ドアとは、セールスマンが商品を売り込むとき、家のドアに足を挟むことができれば勝ち、ということから名づけられたテクニック。

最初に控えめな要求をして、相手に受け入れてもらえば、少しずつ要求のハードルを上げていく。最終的にはあなたが狙っていた、大きな頼みごとを聞いてもらえる、というものです。


例えば、あなたが気になる相手と二人きりで一緒に食事に行きたいとき

いきなり「今度一緒に食事に行かない?」と聞いてはいけません。

まず物の貸し借り、Facebook,LINEなどSNSでの友達申請といった風に小さな要求から始めます。
相手が簡単にきいてくれることから始めましょう。

相手が頼みごとを聞いてくれたら、「二人きり」ではなく友達も交えてどこかへ遊びに行かないか、と頼むなどハードルを上げて、受け入れてくれたら最後には「今度二人で食事に行かない?」と頼むのです。

こうすることで、大きな頼みごとをきいてもらえる可能性が高まります。


これは「一度要求を受け入れると、次の要求は断りにくい」
という人間心理を利用しています。

もし大きな要求を相手にするときは使ってみては?


前の記事を読んだ方にはお分かりでしょうが、
前回の「ドア・イン・ザ・フェイス」とは逆のテクニックです。
⇒「ドア・イン・ザ・フェイス」についてはコチラ

でも、ポイントをまとめるとシンプルで、
段階をふんだ上で本当の要求をしよう
ということです。

どちらの方が良い、というわけでもないので、
自分の要求に合う方を使ってみてください。




posted by YOUMO at 09:58| Comment(0) | 恋愛心理学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。